読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

160521 住宅特集6月号「環境住宅」

住宅特集2016年6月号を読んだ。
環境とは、狭義の意味で生物(人間)を取り巻く様々な要因の総称であり、人間関係や周辺状況も含まれる。ここで扱われている環境の中でも主に快適な気温を生み出す建築的な構成が目につく。この様なテーマが今後10年くらい続いていくと思うが、全体の印象としては設備をいかに建築的に構成するかという作品が多い。特にNAPのラジエータハウスは、ファサードに水を流し、気化熱を利用して、夏涼しくするという物で、その原理とデザインをうまく扱っている。特にNAPは広島の住宅の様に、ファサードの壁を大きくする必要性(プライバシー)に率直に回答しつつ、そのファサードを室内に活かす仕組みを丁寧に解いている。このデザインの是非はおいて置いて、やはり、近年の若手建築家の中では、素材開発の面では一歩抜きん出ている様に感じる。この様に設備を組み込む建築に思うのは設備は建物が死ぬまで持つのかということで、設備のヒエラルキーをここまであげていいものかよくわからないし、本当にこんな感じで環境良くなるの?みたいなものもチラホラあった。
この号の中では群を抜いて異彩を放っていたのは中川純さんの「微気候の家」。テキストの批評性も群を抜いて面白いし、環境を最低限作るだけという潔さ、と設備に対する不信感が全面的に表れた作品だった。環境解析を行い最適な窓の開閉の組み合わせが分かっても、その結果を住民は知らないことや、ファサードに表れた給排水の管が柱の様に振る舞いキャンチレバーを打ち消していたりと何がやりたいのか分からない複雑な論理が展開されている。石山修武の「ドラキュラの家」で語られた、住むことの前提を壊す結果生まれた空間性が現代によみがえったという印象。そこが面白く、同時にそこがちょっと不可解であったが、久々に住宅特集が面白かったし、中川純さんは今後注目すべき作家だと思った。

ご飯の話

建築の部位には乾式構法と湿式構法がある。
乾式は、ボードだったり合板のような乾いた材料によるもので、安定した質を得れる構法であり、湿式は土壁とかコンクリートとか、水を使う構法である。

ご飯を作ると皿洗いが面倒で、ご飯にかけるカレーなどは最悪である。
つまり皿洗いが楽な乾いたおかずが欲しい。
肉類も脂が出るので、湿式に限りなく近い。
振りかけとかは乾式構法だけど、なんか寂しい。
ご飯に合う乾式構法はなんだろうかと論文を書きながらずっと考えていて、あれ?お茶漬けって皿洗い楽だわと思いつき、ご飯ってそもそも湿式だわと気づく。

じゃあご飯がRCだとして、コンクリートと相性のいい乾式構法ってなんだ?そんなのあるのか?と考える、論文提出1週間前の冬

自転車ライフ

最近は自転車が趣味です。
去年、クロスバイク jamis codasports2014モデルを購入。大きなプラモデルを買った感覚でした。
f:id:uk0624:20160127022227j:image
買ってすぐ、ハンドルをブルホーンに。ネットで調べまくって、いろいろ知識を増やしました。笑
コンポは流用できるように径が細いのをamazonで購入してバーテープ買ったり、ちっちゃいネジ買ったり、荷台つけたり楽しかった。江戸川橋まで片道20キロをクロスバイクで通ったり…(あれは辛かった)
個人的に満足してたのだけど、急に思い立ち、1年くらい経った時、ロードバイク欲しくなりヤフオク
f:id:uk0624:20160127021957j:image
look kg231を2015年11月に購入。
結構古い型だったし、ネットで調べても海外のサイトしか出てこない。でも安いし、ロードバイク欲しいし、シマノアルテグラついてるし、ダメならコンポ変えればいいか(フレームがやばかった時のことを失念)ということで購入。

所々古くてガタがきてたけど、お金のかかる部分は大丈夫そうだったので、レバーのカバーをレザーで自作したりf:id:uk0624:20160127023029j:imagef:id:uk0624:20160127023058j:image

グリス塗ったり、ワイヤー変えたり、タイヤ変えたり、ステッカー自作したり、クロスバイクを元に戻したり、、、
f:id:uk0624:20160127024519j:image
f:id:uk0624:20160127024532j:image
現状、買って良かった。ロードバイク超楽しい。(いつ壊れるか、飽きるかわからないけど笑)
2月か3月に周りの自転車趣味な人を集めてどこかへ行きたい。

二台も持ってしまっているけど、
軽のミニバンがクロスバイクで、ちょっとレトロなスポーツカーをロードバイクだと思って問題から目を背けています。

0120_2016

中村竜治の作品f:id:uk0624:20160120131435j:image

接続部になにもつけてない(ように見える?)

f:id:uk0624:20160120131703j:image
ボードの弾性力のみで浮かすディスプレイ
かっこいいかはさておき、実物を見たい

追伸0121_2016
詳しい解説ページがあったので、どのくらいのお金のプロジェクトか考えてみる。
f:id:uk0624:20160121013318j:image

おおまかにはこんな感じ。
素材は9ミリの針葉樹合板と書いてある。
4×8版の合板1枚の値段は楽天市場によるとおおよそ、5000円なので、5000円×20枚で、100,000円
まぁ、これに加工代とか、なんやら足されるんだとしても…って感じ

この材料を、そのまま重ねるだけの操作で物を浮かせるという発想は流石という感じ

備忘録として

巨大建築論争

事の始まり:神代雄一郎 (新建築1974.9)
1.設計のクオリティ低い建物多くなりましたね(4000人のコンサートホールとかアホらしいでしょ)
2.最適な規模じゃない建築多くなってきましたね。(規模がでかい)
3.日本の建築設計って漸進してないですよね、新しいものは古いものより良くないとだめですよね。
4.それなのに近頃建つであろう新宿のビルって、微妙、窓の色とか青色でダサい、あと最高裁判所も微妙(外装材の張り方がつまらない、モノとして貼られてない)
5.上に比べて、東京海上ビルいい!主に外装材のレンガ!他にも幾つかたくさんの良いビルあるけど、悪いビル増えた
6.設計者の年齢の問題だろう(人格形成が戦前派と戦後派に分けられる。)
7.巨大なもの作る時、建築家としてちゃんと考えてますか?
8.これらの論は基本的に浦辺さんの指摘した巨大化する傾向、特に巨大建築への抗議ですよ。
9.私が調査した結果、規模は200戸、1000人単位がコミュニティとしてすぐれていますよ。
10.日本のコミュニティを復活させましょうよ。無機質なビルなんか建築家がやるべきじゃないですよ。


反論:林昌二(新建築1975.4)
1.1年前の神代さんの論考の低俗さに呆れた
2.本論は反論ではない
3.今の社会は過密社会ですよ、オフィス街に庭付き一戸建て立てるみたいな話って現実的か?
4.そもそも建築家って社会に対してそんなにえらいか?
5.コミュニティとか意味不明、そんなものコンサートホールで起きる必要ないし、起きない。そんな話を一般誌である新建築でするのって本末転倒ではないか
6.社会に求められた大きなものを建築家のうちで、誰かがやらなきゃいけない(そりゃみんなやりたくないわ)
7.東京海上ビルって言うほど名作じゃないでしょ、ひと時代前のビルでしょ(これからのビルは上から見られることも考えなければいけないが、アレはそういった視点がない、レンガも超高層には使えないでしょ等)
8.年代とか関係ない。一人で作ってないし、グループで作ってるし、世代またいでます。もっと具体的に指摘するのが年上(神代)の役目でしょ
9.「しろうと」見たいですよ

反論2:池田武邦(同上)
1.最近の批評家ってダメだなと思ってたら、神代もその一人だった
2.批判する時は責任持って、ちゃんと理解して下さい。神代が批判したビルの窓の色は工事中の仮囲いの色。完全に論外
3.巨大なものを設計してる我々は責任持ってやってますよ、建築ってどう使われるかが大事でしょ
4.それなのに、できる前から有る事無い事勝手に想像して批判するなんて滑稽です

以後、神代の味方をするものが現れず収束。

林と池辺は鬼の首を取ったように批判し、神代は批評の世界から一線を引いたこの事件。

今は新国立を代表にむしろ真逆の社会(巨大なものを建てるなという風潮)が建築を作ってる。
40年ほど前からもう真逆の状況が起き始めている。果たして社会は長期的な視点を持ってるのだろうか。社会を盾に建築を作ることができないとしたらば、なにを持って建築を作るのか。