読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

160521 住宅特集6月号「環境住宅」

住宅特集2016年6月号を読んだ。環境とは、狭義の意味で生物(人間)を取り巻く様々な要因の総称であり、人間関係や周辺状況も含まれる。ここで扱われている環境の中でも主に快適な気温を生み出す建築的な構成が目につく。この様なテーマが今後10年くらい続いて…

ご飯の話

建築の部位には乾式構法と湿式構法がある。乾式は、ボードだったり合板のような乾いた材料によるもので、安定した質を得れる構法であり、湿式は土壁とかコンクリートとか、水を使う構法である。ご飯を作ると皿洗いが面倒で、ご飯にかけるカレーなどは最悪で…

自転車ライフ

最近は自転車が趣味です。去年、クロスバイク jamis codasports2014モデルを購入。大きなプラモデルを買った感覚でした。買ってすぐ、ハンドルをブルホーンに。ネットで調べまくって、いろいろ知識を増やしました。笑コンポは流用できるように径が細いのをam…

0120_2016

中村竜治の作品接続部になにもつけてない(ように見える?)ボードの弾性力のみで浮かすディスプレイかっこいいかはさておき、実物を見たい追伸0121_2016詳しい解説ページがあったので、どのくらいのお金のプロジェクトか考えてみる。おおまかにはこんな感じ。…

備忘録として巨大建築論争事の始まり:神代雄一郎 (新建築1974.9) 1.設計のクオリティ低い建物多くなりましたね(4000人のコンサートホールとかアホらしいでしょ) 2.最適な規模じゃない建築多くなってきましたね。(規模がでかい) 3.日本の建築設計って漸進して…