ご飯の話

建築の部位には乾式構法と湿式構法がある。
乾式は、ボードだったり合板のような乾いた材料によるもので、安定した質を得れる構法であり、湿式は土壁とかコンクリートとか、水を使う構法である。

ご飯を作ると皿洗いが面倒で、ご飯にかけるカレーなどは最悪である。
つまり皿洗いが楽な乾いたおかずが欲しい。
肉類も脂が出るので、湿式に限りなく近い。
振りかけとかは乾式構法だけど、なんか寂しい。
ご飯に合う乾式構法はなんだろうかと論文を書きながらずっと考えていて、あれ?お茶漬けって皿洗い楽だわと思いつき、ご飯ってそもそも湿式だわと気づく。

じゃあご飯がRCだとして、コンクリートと相性のいい乾式構法ってなんだ?そんなのあるのか?と考える、論文提出1週間前の冬